江古田店一般社員河野友美

BAZZSTORE(バズストア)の新卒1期生

経歴

2016年9月にBAZZSTORE(バズストア)江古田店にアルバイト入社。2017年4月に新入社員として昇格予定。

主な仕事内容

接客販売、レジ会計、商品整理、商品補充、店内ディスプレイレイアウト変更、通販サイトの問い合わせ対応や撮影業務、掃除など

応募したきっかけ

私はいま服飾の専門学校で小売店舗の企画から運営のための基礎知識と実務を学んでいます。もともと高校時代から古着をメインで服を買うほど古着が大好きで、卒業後はアパレル業界、できれば古着の会社で働こうと考えて就職活動をしていました。インターネット検索で会社を調べているうちにBAZZSTORE(バズストア)の採用サイトを見つけ、そこで初めてBAZZSTORE(バズストア)を知りました。

古着屋は個人事業主や小規模な会社が多いですが、株式会社リンク運営のBAZZSTORE(バズストア)は若い会社でありながら複数店舗を運営するなど会社の基盤がしっかりしているところに魅力を感じました。新卒採用を明確に実施していませんでしたが、新卒採用の有無について問い合わせさせていただき、ご縁があって内定をいただくことができました。現在は江古田店で内定者インターンと同じ立場としてアルバイト勤務しています。

仕事の楽しさ・やりがい

私が採寸や撮影をした商品が、ネットに掲載されたり、店頭に並んでいたりしますが、その商品が購入されると嬉しいです。写真で服のサイズ感を見て買ってくれたお客様がいると役に立ったと感じ、やりがいを感じます。江古田店のスタッフはみんなが親切で、一から全部学べる環境も仕事の楽しさに繋がっていると思います。

以前は、大手飲食チェーン店でも接客をしていましたが、BAZZSTORE(バズストア)で働き始めてから、今までの接客は接客といえるレベルではなかったと思いました。大手飲食チェーン店はお客様とのコミュニケーションはそれほど必要とされませんでしたが、BAZZSTORE(バズストア)ではよりコミュニケーションを求められます。いらっしゃいませの声一つとっても丁寧におこなおうと意識するようになりました。

仕事の難しさ

まだ店舗で働き始めて日が浅いので、今は教えてもらったことを覚えるのに必死です。マニュアルを覚えるのも大切ですが、接客においてはマニュアル以外の知識を問われることも多いです。

例えば「この商品って水をはじくの?」「洗濯はどうしたらいいの?」といった商品や生地に関することや、「どれと合わせればいいのか?」といったコーディネートに関する質問もあり、まだ戸惑ってしまうこともあります。お客様から信頼して質問していただいているので、もっと知識をつけないといけないと痛感しています。江古田店の店頭には常時数千点の商品が陳列されていますが、それらを詳しく理解するために日々勉強しています。

江古田店は大学生だけでなく、主婦や年配の方も多くご来店されます。また、駐車場もあるため、休日は都外から車で来られる方もいらっしゃいます。ご来店されたお客様に合った接客や、スタイルが提案できるようになりたいです。

応募者へのメッセージ

BAZZSTORE(バズストア)は服装や髪型自由で働けるのがメリットです。他のアパレルだとそのブランドを着ないといけない規則があったり、自分で購入しなければいけなかったりしますが、BAZZSTORE(バズストア)にはそういったルールはありません。本当に自由に働ける環境があります。

社員もアルバイトも親切な人が多く、知識ゼロの人でも働きながら知識を身につけることができます。服が好きな人なら色んな服に触れることができて楽しいと思いますし、社員登用制度もあるので、やりがいもあります。店頭スタッフには女性が少ないので、女性は特に大歓迎です!

※当記事はアルバイトスタッフ時に掲載されたものです。

ある1日のスケジュール

09:20

専門学校

専門学校ではファッション流通課のリテールプランニングコースに所属しています。自分で店を出すと想定したカリキュラムが組まれており、ショップ経営を学んでいます。文化祭に出店するための商品を工場と交渉したりもします。

17:00

出社、朝礼

平日はいつも夕方から出勤します。朝礼をおこない、店長から業務の引継ぎを受けます。レジ対応をしながら採寸をおこなったり、裏で撮影をおこなったりしています。

20:30

店内整理、掃除

店内整理では、商品を見やすいように、ジャンル別など決まった並び順に並べ直します。店内清掃では掃除機をかけるだけでなく、モップをかけたり、鏡を拭いたり、お客様に気持ち良くお買い物をしていただけるように毎日店内を綺麗に掃除します。

22:00

閉め作業

お店の閉め作業をおこない、22時半には退社します。今日もお疲れさまでした!

河野友美