千歳烏山店一般社員岡本理沙

BAZZSTORE(バズストア)のファンを増やしていきたいです。

経歴

2014年6月にBAZZSTORE(バズストア)千歳烏山南口店にアルバイト入社。オープニングスタッフとして勤務したのちに2016年3月に正社員に昇格。

主な仕事内容

接客販売、レジ会計、商品整理、商品補充、売上確認、POP作成 商品買取・査定、スタッフ育成、店内レイアウト変更 など

入社した経緯

もともとファッションに興味があり、服飾の専門学校に通っていました。偶然BAZZSTORE(バズストア)下北沢北口店に来店したことがきっかけで、千歳烏山南口店のオープニング募集を知りました。古着屋で働いていると、色んなデザインの服をたくさん見ることができ楽しそうだと思い応募しました。

仕事の楽しさ・やりがい

「大変そう」だと感じていた販売の仕事もやってみると楽しかったです。買取業務に関しては、ダメージの状態や相場を見ながら判断して、自分で値段をつけた洋服が売れるのは達成感があり楽しいです。好きなことを仕事にしているので楽しんで働いています。

会社の魅力

1店舗あたり約6名のスタッフがおり、1日4名と少ない人数で運営しているので、スタッフ一人あたりが担当する業務の幅が広いです。また現場の権限が大きいので、入社後早い段階から店舗の運営に直接かかわる仕事に携わることができます。スタッフは服飾関連の専門学校生が多く、大学生も1店舗2~3名いますがアルバイト、正社員関係なく、同じ心もちで責任感を持って仕事をしています。現在、年間2店舗のペースで出店しておりますので、ショップ経験者やリユース店経験者であれば活躍できる場はたくさんあります。

仕事の難しさ

膨大にあるブランドを把握するのが大変です。国内だけで1万ブランド。年間で3000ブランドが増えたり、減ったりしています。当店は日々様々なジャンルの服をお持ち込み頂きますので、適切な買取査定が出来るよう出来る限り把握しなければいけません。常にいろんな商品に触れ、勉強していく努力をしながら、ファッション業界の流行り廃りを見極める洞察力も養っています。

これからの目標

正社員になって気持ちや考え方も変わってきました。特に売上予算・売上管理はこれまでよりも意識するようになりました。社員になったばかりなので、まずは1人で店舗の運営を管理できるようになるのが今の目標です。ひとりひとりのお客様に気持ちよくお買い物して頂くことはもちろん、BAZZSTORE(バズストア)を地域に愛される店舗にしていけるように頑張っていきます。

応募者へのメッセージ

服装や髪形は本当に自由なので個性をだしても全く問題ない環境です。アルバイトは専門学校生や大学生、フリーターや主婦など色々な人がいます。仕事内容は多岐にわたるので、効率よく仕事ができる能力が求められます。自分と同じく服が好きな人は大歓迎です!

ある1日のスケジュール

11:45

出社、朝礼、店内清掃

お客様をお出迎えする前に、気持ちよくお買い物をして頂けるよう、店内の棚や床の掃除をします。当日の売上予算や1日の作業スケジュールをスタッフと朝礼で確認します。

12:00

開店・接客

開店と同時にお客様をお出迎えします。コーディネートの提案やオススメ商品のご案内をします。お客様には親切・丁寧に対応することを心がけています。お客様が少ないタイミングでは仕入れた商品の検品作業やタグ付け作業もあります。

15:00

休憩時間

少し遅めの昼食を取り、午後からの仕事に向けてリフレッシュします。

18:00

接客・買い取り査定

買い取り査定、売上進捗確認、スタッフへの指示指導。「この商品は人気なのか?すぐ売れるか?」服の傷み具合や相場観を確認しながら買い取り査定をおこないます。衣料品を中心にバッグ・靴・ブランド品・腕時計まで取り扱いジャンルは幅広いです。

21:00

レジ点検、商品整理、商品補充

売上の確認や金額の確認をし、商品整理や商品補充をおこないます。売れ筋の商品をストックから補充するのも大事なお仕事です。またメンバーと考えながら翌日のディスプレイを考えたりします。

22:30

終礼、退社

閉店時間になったらお店のクローズです。みんなで協力しながら後片付けと店内の清掃など明日の準備を行います。当日の業務報告を終えたあとは残業もほとんどないので、スタッフ全員に必ず「お疲れ様でした」と挨拶をしてお店を出ます。