古着屋マップへの掲載希望の方はこちら

ARMAN TOKYO(アルマントーキョー)


詳細不明のフランス人ARMANのクローゼットをイメージした古着屋です。ARMAN TOKYOではフランス買い付けのレギュラー・ヴィンテージの古着を取り扱っています。オーナーが直感で良いと思ったアイテムをセレクトし、その時々で変化に富んだ店内は訪れるたびに新たな発見があるでしょう。メンズ・レディースどちらも取り扱いがあり、性差を越えた提案を行っています。

店舗は下北沢駅南西口を出て3分ほど。餃子の王将を通りすぎた先にある左手ビルの二階です。落ち着いた店内となっており、ゆっくりと買い物を楽しめます。また、毎週入荷があるので、来店するたびに新しい出会いがあることでしょう。営業時間は12:00-20:00、不定休。

おすすめポイント

ベーシックなものから個性的なものまで、またレギュラーからヴィンテージまで、オーナーがフランスで吟味し買い付けた古着が店内には並びます。ヨーロッパ買い付けというとヴィンテージが主流ではありますが、ARMAN TOKYOではヴィンテージはもちろん個性的なレギュラーアイテムを多数取り扱っています。

流行にとらわれず、本当に良いものを、そしてそのときどきの気分に沿うような洋服たちをセレクトし、メンズ・レディース問わず店内に並べています。またサイズ、状態には特に気を使っているそうで、古着好きの方だけではなく、古着初心者の方にもお気に入りの1着が見つかるでしょう。

店名であるarmanという人物は実在し、大量消費社会へのアンチテーゼを唱える芸術家でした。店長によると、「当初意図していなかったのですが、当店のコンセプトに近しいものがあります。消費の名のもとに埋没しつつあるファッション、それの良し悪しという価値基準は置いておくにしても、ファッションを楽しむことの意味は再考されても良いと思います。そして通販が隆盛を極める今だからこそ、店頭において洋服を選ぶ、楽しさ面白さを実感頂ければと何よりです」とのことで、店作りのコンセプトを表しています。

口コミ・評判

「古着屋さん」と聴くと下町の商店街にポツンとそしてひそかに営業しているように聴こえますが、この下北沢という地を選んだのもオーナーさんはきっと商売が繁盛すると感じたのでしょう。お店に入ったときも古着屋という感じを払拭させてくれました。下北沢も原宿や渋谷と同様に若い人や最近では外国人も多く見られるようになりました。また、オーナーさんもフランスから買い取った着物を厳選に選んでいるので、品も豊富で、客である我々にたいしても年齢層、性別を考慮のうえ、その人にマッチしたものを提案してくれるので、回りから見ると、「あれ、本当に古着なの。新品と変わりないわね。」と見られることもあります。たとえ、1度、2度の訪問で納得できなくても、気づかぬうちに何度も通って、ここのブランドにフィットしてるかもしれませんね。(46歳・男性)

下北沢に行った際には、必ず立ち寄っているARMAN TOKYO(アルマントーキョー)さんは、フランスの古着を取り扱っているお店です。日本では珍しいと思います。ヨーロッパ系の洋服はクラシックなのに個性が強いところが魅力的です。大人のオシャレを楽しめるお店だと思います。とくにアウターは気品があって品質が良い物が多くあります。レディースだけでなく、メンズが着てもかっこいいと思います。ちょっとした食事に行くにも良い洋服です。仕事着としてもオシャレで良いと思います。洋服の他に、カバンやマフラー・ブーツなどの小物アイテムもカワイイものが多数あります。プレゼントにしても喜ばれると思います。カップルで来店してもオススメです。(40歳・男性)

店舗情報

店舗地図

住所:東京都世田谷区代沢5-32-7 八千代ビル202(地図
WEBサイト:https://www.instagram.com/arman_tokyo/


BAZZSTORE 自社公式通販サイト

下北沢の他の古着屋

BIG TIME下北沢(ビッグ タイム)

関東に5店舗展開している古着屋・BIG TIME。 2012年11月には熊本にも出店している人気の...

FLORIDA下北沢店(フロリダ)

『FLORIDA下北沢店(フロリダ)』は、アメリカ古着、ヨーロッパ古着はもちろん、国内のレギュラー古...

Ruby Tuesday(ルビーチューズデー)

世田谷区代沢にあるRuby Tuesday。 ヨーロッパ古着を主に取り扱う店だが、一番のウリが「オ...

店舗掲載希望の方へ