古着屋マップへの掲載希望の方はこちら

Business As Usual(ビジネスアズユージュアル)


『Business As Usual(ビジネス アズ ユージュアル)』は、オーナーが時代の最先端を意識されながら、良いものだけをセレクトしている古着ショップです。
並んでいるアイテムは、古着の年代を問わず、オーナーが独自の感性で、本当にいいと思うものだけをセレクトされているようです。90年代のHIP-HOPカルチャーを好まれていて、オーバーサイズのものとかB-BOYスタイルが目立ちますが、従来の着こなしや古着ショップの枠にこだわらず、アートやモードといった要素も取り入れられ、配色やデザインにも独特の個性がみられます。洋服の他、バック、シューズといった小物類も充実していて、基本的にはメンズものが中心ですが、ユニセックスのような商品も多くて女性の方でも入りやすいです。
店内の内装は、白を基調とした柔らかい雰囲気に、アイテムをラフに飾られています。ただ、ラフでありながらも、少しづつ色の使い方などのこだわりも持たれているようで、そこにもオーナーのセンスの良さを感じられます。
アクセスは、JR線『原宿駅』竹下口から徒歩8分。営業時間は、12:00-20:00。

おすすめポイント

90年代のカルチャーファッションを中心に、独自のセレクトをされているとのことですが、そうした時代のファッションを感じさせることなく、むしろ時代の最先端のような独自の感性が魅力的なお店。
オーナーのファッションや社会に対する考え方が面白く、
「人が社会にのまれ決まった事を繰り返す形が堕落的で、退廃的。美しくありたい。今の姿や形でなくて、何年か先のそれでは嫌だ。」といった考えから、ショップテーマにされたとのこと。そうした考えや感性をショップ全体で表現されているともいえます。
アイテムは、比較的カラフルなものが多く、それを際立たせるような白くやわらかなディスプレイでも、ショップテーマを表されているようで、洗礼されたスタイリッシュな空間でありながら、スクールロッカーをディスプレイしたり、小物をつり下げたりなど、遊び心が感じられます。
ある意味で、原宿らしくないキレイさがありますが、こちらの独特の感性に触れるために、一度は訪れたいショップです。

口コミ・評判

原宿にあるBusiness As Usual(ビジネスアズユージュアル)さんは、90年代からヴィンテージアイテムまで幅広い年代の洋服があります。シンプルで着こなしやすいアイテムが多い気がします。シャツなどの状態が良いので、ついつい大量買いしてしまいます。とくにアウターの品揃えが良いと思います。状態も良いものばかりなので、季節の変わり目には要チェックなお店だと思います。商品の入れ替えがはやいので、一点物はすぐに購入することをオススメします。スタッフも良心的な方が多いので、気軽にコーディネートの相談にのってくれます。リピートしやすいアットホームなお店です。家の近くにあったら良いなと思えるお店だと思います。(40歳・男性)

ビジネスアズユージュアルさんのユニークなところは、馴染みのない素材の組み合わせによる斬新なファッションデザインをセレクトしているところだと私は感じています。ひとつのアイテムを見てみても、複数の素材が使用されており、かつそれらの別素材がケンカせず仲良くやっている、そんなアイテムがたくさん並んでいます。もうひとつのビジネスアズユージュアルさんの強みは、オフィスカジュアルにも使えそうなアイテムもたくさんあるところです。原宿にある古着屋さんはかなりカジュアル寄りなので、ビジネスシーンでは使えないようなアイテムが多いですが、ビジネスアズユージュアルさんは二面性があるので、その使い方に多様性があり便利です。(20代・男性)

私はビンテージ物のデニムが好きなのですが、有名なブランドのビンテージデニムとなると古着でも結構な値段がするので、なかなか買えません。しかし、Business As Usual(ビジネスアズユージュアル)さんに並んでいるビンテージ物のデニムはブランド物ではないものの、非常に味わいがあり、かつ状態が非常に良いものがたくさんそろっています。ビンテージ物のデニムはカビや生地のよれがよく問題として挙げられるのですが、そのような問題がここにならんでいるビンテージ物のデニムにはありません。もちろん膝部分の色落ちなどはありますが、それこそがビンテージ物のデニムの持ち味なので、私としてはむしろ好印象で良く買ってしまいます。(20代・女性)

Business As Usual(ビジネスアズユージュアル)に置かれているファッショアイテムの多くは流行に流されないようなシンプルでかっこいいものが多い印象があります。実際に購入したワイシャツももう3年が経とうとしていますが全然今でも着ることができるデザインです。ファッションアイテムそれぞれは非常に高品質なものが多く、古着屋さんにありがちな生地のよれなどもなく、しっかりと商品が管理されているのがわかります。スタッフの方々のマメさがしっかりと表れているそんな古着屋さんです。ここで購入したファッションアイテムの多くは今でも毎日のように愛用していますし、Business As Usual(ビジネスアズユージュアル)さんがあってよかったと思っています。(20代・男性)

ヴィンテージ商品が沢山置いてあるのでヴィンテージ商品が好きな人にとってはたまらないお店になっていると思います。私はたまに行くのですが必ず新しい商品が入荷されているので毎回毎回見入ってしまいます。一つ一つ商品の値がはるので大人向けの古着屋だと思います。店長も凄くお洒落な方で知識も豊富な方なので相談をしたり、コーディネートを考えてもらったりしています。本当にお洒落な方です。お手本になります。接客態度も凄く良いです。基本的にお客様を立ててお話ししてくれます。冬のアウターを多く取り揃えているので秋から冬にかけて行くのがおススメです。駅から近いので交通の便も非常に良いです。古着屋の中では上位に入る品揃えの良さです。(30代・女性)

『原宿駅』竹下口から徒歩で10分ほどでアクセスできたと思います。建物の二階フロアーがセレクトショップとなっていました。原宿にある古着屋さんにはオーナー自らのこだわりも品が販売されているセレクトショップが多いですが、そのうちの1店舗です。位前も、午前休業日に伺ってしまい来店できず、営業時間は、12:00-20:00とこちらも古着屋さん特有のopen時間で正午からになってます。路面からは洋服の陳列しか見せませんが、店内のテイストは女性でも買い物がしやすい洗練されたデザインです。メンズもの、メインのカジュアルアイテムが揃いますが、ポップな色合いからシックなものまで多様性があります。男性のお客さん以外も来店できるようです。(20代・女性)

店舗情報

店舗地図

住所:渋谷区神宮前3-20-5(地図
WEBサイト:http://bau-tokyo.com/


BAZZSTORE 自社公式通販サイト

原宿の他の古着屋

PINNAP(ピンナップ)

「PIN NAP(ピンナップ)」は、1980~1990年代のUSEDアイテムを中心にした、オリジナル...

FUNKTIQUE(ファンティーク)

【FUNKTIQUE(ファンティーク)】は、アート系ファッション、スポーツブランドを中心に、80年代...

What’z up dude(ワッツアップデュード)

What'z up dude(ワッツアップデュード)は、70年代から90年代のヴィンテージ品や、カジ...

店舗掲載希望の方へ