代表取締役 夷 英信

リユース好きだから創業

このたびは弊社採用ページをご覧いただきありがとうございます。BAZZSTORE代表の夷(えびす)と申します。

「リユース」と私が出会ったのはもう10年以上前。大学2年生のころにさかのぼります。たまたまアルバイトとして勤めたリユースショップが原点です。売る人にとってはもう要らないものを、別の方が笑顔で買っていく。まだ社会もよく知らない学生でしたが、これは面白い仕事だなと素直に感じました。このときの気持ちは、自分でリユースショップを経営するようになってからも変わらず持ち続けています。

大学卒業後は大手リユースショップに入社し、店舗・店舗開発(新店の出店業務です)・新規事業(ネット通販事業の立ち上げ)をそれぞれ2年間、合わせて6年間勤務しました。リユースの仕事はやればやるほど奥深く、こうなったら自分でとことん突き詰めてみたいと思い、BAZZSTOREを創業しました。

会社として大切にしたい3つのこと

創業社長というと強いリーダーシップで周りを巻き込んでいくカリスマ社長を思い浮かべるかもしれません。

しかし、私はそんな社長像とは正反対で、お客様やスタッフ、取引先のみなさまが幸せになるよう一歩引いた位置でバランスを取るタイプです。サッカーで言えば、フォワードでもキーパーでもなくボランチ。

そんな風に働いているうちに、自然に会社が成長してきました。

その過程で気がついたのが、「自分がなにかやりたい」という意思以上に、周りの方に幸せになってもらうことが大切なんだということです。周りを幸せにした分、お返しにたくさん助けてもらえる。多くの人をもっと幸せにしていくと、助けてもらえる量ももっともっと増える。事業の成長に一番必要なものはこれなんだと思うようになりました。

従業員に対しても、同じ気持ちを持っています。健康的に安心して働いてもらいながら、社会人としての成長を感じてもらう。そして仕事の面白みを学んで、楽しく業務に打ち込んでもらう。そういう環境を仕組にし、支え続けることを経営者として心がけています。

そのため、3つのことを大切にしています。

1.健康的で安心して働いていただくために 労働環境や福利厚生をしっかりさせる。

サービス残業や強制社販なんてもってのほか! アルバイトでも全員に社会保険を完備しています。

2.社会人としての成長を感じていただくために さまざまな仕事をお任せします。

はっきり言って他のアパレル販売員や古着屋さんより忙しいです。サボり屋さんにはオススメしません。成長したい人にはオススメです。

3.仕事の面白みを学んで、楽しく業務に打ち込んでいただくために 新しい挑戦や工夫を歓迎します。

よりよいお店・会社にするためのアイデアは積極的に取り入れていきます。一例として、新店OPEN時に希望者を募り、熱意が認められれば正社員に登用する「新店舗チャレンジ制度」があります。

これを読んで少しでも共感や関心を持っていただけたらぜひご応募ください。学歴・経験は問いません。やる気のある方のご応募をお待ちしています。