下北沢北口店店長白井彰一

「バズストアが実現」よりも「バズストアで実現」

経歴

文化服装学院を卒業後、リメイクアイテムの自社ブランドを立ち上げる。その後、芸能事務所のアパレル事業部や大手教育関連会社を経て、2016年4月にBAZZSTORE(バズストア) 下北沢北口店に正社員入社。

主な仕事内容

商品管理、売上管理、スタッフ育成、接客販売、店内ディスプレイレイアウト変更、通販サイトの問い合わせ対応や撮影業務、掃除など

入社した経緯

大学卒業後、自分で自社ブランドの立ち上げや、芸能事務所で芸能人ブランドのアパレル事業に携わっていました。その後、教育関連会社でのウォーターサーバー事業部に携わっていましたが、事業縮小に伴い、やりがいや収入面で悩んでいました。以前よりBAZZSTORE(バズストア)代表の夷(えびす)とは面識があり、何回か会って話をしていくうちに直接働いてみたいと伝えたのが入社のきっかけです。

店舗の魅力・やりがい

下北沢店はBAZZSTORE(バズストア)の中でも唯一1階と2階のツーフロアの店舗で、渋谷店と同じく来客数はBAZZSTORE(バズストア)全店舗の中でもトップクラスの店舗です。

下北沢店の特徴は下北沢という土地柄もあり、高校生や大学生などお客様は比較的若い方がご来店されます。また、日本のリユース文化は海外の人に興味を持っていただけることが多く、アジアやヨーロッパなど幅広い国の方が来店されます。海外からの留学生が古着を売りにきたりもします。下北沢は演劇や音楽カルチャーの発信地として有名ですが、下北沢の独特の雰囲気が好きな人がお客様に多い印象があります。

やりがいを感じるのは、何店舗もある下北沢の古着ショップの中でも「本当にこの値段で買い取ってくれるんですか!?」「こんなに安く買えるんですか!?」といったお声をいただくことです。買取も販売も、満足していただける時が嬉しいです。すでにあるものに価値を見出したり、新しい魅力を見つけたりすることはこの仕事の醍醐味です。

仕事の楽しさ・難しさ

一般的なアパレルブランドと大きく違うのは『買取』があることです。一般的なアパレル店舗の場合は、「店舗に既にある商品をどう売るか」だけに専念できますが、BAZZSTORE(バズストア)の場合は考えることが無限にあります。

数千点ものブランドの知識はもちろん必要になりますし、アイテムの状態や人気商品など古着の相場を考えながら柔軟に対応することが求められます。古着はマッチングが嵌まれば、考え方によっては絶対に安いと言えます。その魅力をどう伝えるかは、仕事の楽しさであり、難しさでもありますが、日々考えていかなければならないと感じています。

会社の魅力

2016年後半は千歳烏山北口店や三鷹北口店など新規で出店しており、会社のスピード感はダイレクトに感じることができました。私が入社してからすでに3店舗ができていますが、中村橋店にはオープン準備やオープン後もヘルプに入っており、様々な経験が積めました。

会社はまだ若く、スタッフも多くいるわけではないので、意見をすぐに伝えられる風通しの良さを感じられます。前職のときは大手企業だったため、そもそも社長と会う機会がありませんでしたが、当社代表の夷とは本当に近い距離で仕事をする機会が多いです。

これからの目標

人事と言ってしまうと大げさですが、スタッフの育成という意味で引っ張っていけるような存在になりたいです。個々のスタッフの能力を引き出せて、解決の糸口になれるような人を目指しています。これまでの経験をもっと会社に還元できるようになりたいです。

応募者へのメッセージ

BAZZSTORE(バズストア)には自分の力を試せる環境があります。結果が「ついてくる」というより、結果を「とりにいける」環境があり、すべて自分次第です。会社としても成長途中なので、会社の基礎作りの部分に携わりたいと考えている人にはいい環境だと思います。もちろんアルバイトとしても様々な経験値を積むことができます。一歩踏み出す勇気をもって応募してください!

ある1日のスケジュール

11:30

出社・朝礼

12時の営業開始に向けて出社します。営業開始直後に買取作業など一仕事あり、そこから少し落ち着く時間帯になることが多いです。

12:00

買取・接客

買取も商品の撮影もアルバイトと一緒におこなっていいます。オープン直後は3名体制で回して、夕方から大学生アルバイトが合流して6名体制です。

15:00

店内整理・掃除

夕方から出社したアルバイトの朝礼に参加し、引継ぎ作業をします。18時頃にピークを迎えます。

22:30

閉め作業

片づけや清掃など店舗の閉め作業をおこない、翌日の準備ができたら、終礼をおこないます。その後、スタッフの勤怠管理や店舗売上管理をおこない退社します。また、スタッフと営業の反省会をすることもあり、店舗を円滑に運営することには大事なコミュニケーションツールの一つです。

白井彰一