大公開!熟練バイヤーがブランド知識を徹底解説!【ミルスペック編】

目次

ミルスペックとは

Military Specification:ミリタリー・スペシフィケーション(軍事仕様)
アメリカ軍が必要とする物資の調達に使われる規格。極寒の南極、乾燥地帯の砂漠など極地でも使用できる高品質の物品を調達するために
米国国防総省が詳細に規格化しています。ミルスペックにはウェアのみではなく、時計、タオル、ペット用品など様々あります。
つまりミルスペック製品というのは「機能性、耐久性」が抜群という証明のようなものです。
ミリタリーウェアについているタグにはたくさんの情報が細かく記載されているので、特に着目すべきポイントや年代、代表的なアイテム、についても解説していきます!

タグの見方

タグには様々な情報が記載されていますが今回は5つの着目すべきポイントを紹介しています。

  1. サイズ
  2. NSN(National Stock Number)
  3. 正式名称
  4. 発注番号
  5. 製造会社

NSNとはNational Stock Numberの略で、米国国防省の備品管理番号です。

年代判定

年代を判定するには先ほど紹介した発注番号を見ると分かります。
例)SP0100-98-D-4004
ハイフンに挟まれた2ケタの数字が年代を表しています。また先頭のアルファベットについては「DLA」や「DSA」などの場合もありますので、アルファベットと100の数字を見つけるとすぐに判定できます。例の「SP0100-98-D-4004」は98年に製造されたと分かります。

アメリカ軍の代表アイテム

N-1

海軍着用のデッキジャケット。表地は光沢のあるコットン生地のグログラン※1で裏地は保温性に優れたボア素材を使用しています。定番カラーはカーキですが最初はネイビーカラーだったそうです。(画像は復刻の為タグ画像は添付しておりません)
※1)グログランとは横方向にうねりがあるのが特徴で、固く密におられている為つや、光沢があり高級感のある素材の事をいいます。

MA-1
  
空軍着用のフライトジャケット。シンプルなデザインで、中綿が入っており-10度まで耐えられる防寒性があります。裏地はオレンジ色のイメージが強いですが、年代によってグレーもあります。オレンジ色は危機的状況で発見されやすくする為に採用しており、リバーシブルで着用できるものもあります。MA-1にフードが付いたものはN-2Bと呼ばれています。

N-3B
  
MA-1にフードが付いたN-2B。さらにその丈を長くしたものがN-3Bです。前面に大きなポケットが付いています。N-3Bは-30度まで耐えられる防寒性で、フライトジャケットの中で最高峰の防寒性を誇ると言われています。

フィールドジャケット(M-65)
    
野戦用のジャケットとして着用。前モデルのM-51と大きく変わったのはコットン100%だったのがナイロンとの混紡素材に変わり、防寒用としてスタンドカラーが採用。袖口にはベルクロで留められるチンストラップが付いた事などです。フィールドジャケットの初期はM-41(1941年採用)だと言われています。M-65はM-41から始まったフィールドジャケットの完成形です。

モッズパーカ(M-51)
   
野戦用のパーカとして着用。モッズコートという呼び名は1990年以降の日本発祥で、欧米では「モッズパーカ」裾のデザインから「フィッシュテールパーカ」と呼ばれています。他に特徴的なディティールとして、フィールドジャケットの上から羽織れるオーバーサイズ、ロング丈、ライナー、ファーフードなどがあります。

フィールドパンツ(M-65)
 
上に同じく前モデルはM-51です。M-65の特徴としてはサイドストラップありミルスペックが縫い付けてある事、サイドシームがシングルステッチで膝にタックがあります。また太めのシルエットで、それはライナーの上からでも履ける為にオーバーサイズになっています。

ジャングルファティーグ
  
正式名称はコンバットトロピカルコート。ベトナム戦争での高温多湿な気候に対応すべく開発されたジャケットです。特徴として前面に大きな4つのポケットが付いています。無地以外にもカモ柄グリーンリーフ、ブラウンリーフなどもあります。細かな特徴によって1stから4thまであり、画像のアイテムは4thです。1sから4thにかけてデザインが簡略化されていきました。また4thが一番市場に多く出回り、人気があります。

ECWCS
 
ECWCS(エクワックス)とはExtended Cold Weather Clothing Systemの略で、訳すと「拡張式寒冷地被服システム」となります。簡単に説明すると、寒さ対策の為のコーディネートの規定のようなもので、LEVEL1からLEVEL7までのアイテムがあり、それを組み合わせることで様々な気温、環境に対応できるようになっています。ECWCSにはバージョンがありGEN1~3があります。GEN3が最新バージョンです。一番上の画像は「Gen3 Level7 Primaloft Parka」というアイテムなのですが、最新バージョンの最強防寒アウターという事になります。ちなみにPrimaloft(プリマロフト)は米軍の為だけに開発した桁外れな保温性を持つ素材で、その保温性はダウンの8倍といわれています。

ミリタリーアイテムを売るなら

いかがでしたでしょうか。ミリタリーアイテムはメンズレディース問わずコーディネートに取り入れるだけでオシャレ度が増しますよね。例えばM-65モッズパーカはライナーだけでも人気で中古にたくさん出回っています。大切なお洋服を売るならブランドの価値が分かる人に買い取ってもらいたいですよね。それならぜひ当店にお任せください。経験と知識が豊富なスタッフが様々な年代のアイテムも1点1点しっかりと査定し、お客様にご納得いただけるようなご案内をさせていただきます。ネット宅配買取も受け付けておりますので是非ご利用ください!

いますぐお申し込み!

宅配買取についてはこちら

目次